フォルクスワーゲン・ゴルフの変化

日本においてフォルクスワーゲンの歴史は、「カブトムシ」で知られているフォルクスワーゲン・ビートルで始まりました。
この車は非常の愛らしいスタイルを持つ車で人気でしたが、当時ドイツ車(西ドイツ車)といえばメルセデスベンツやBMWなどのように価格が高くて高級なイメージがある車が主流で、フォルクスワーゲン・ビートルの様な車は、変わり種の車としてしか見られていませんでした。
それによって需要もあまりなかったのですが、売り上げを伸ばすためにとった対策がフォルクスワーゲン・ゴルフという車の投入でした。
この車は当時の日本でいうところの5ドアハッチバックのコンパクトカーで運転のしやすさから金持ちの奥様車として人気が出ました。 続きを読む

BMWのモデル形態

国産車のほとんどはそのモデル一つ一つに名前がつけられているのですが、ヨーロッパの自動車メーカーでは名前を付けるのではなく、数値やアルファベットの羅列で識別するのが普通となっています。
数値やアルファベットの扱い方は自動車メーカーによって全く違うのですが、比較的分かりやすいのがBMWの使い方です。 続きを読む

中古車屋店長が教える自動車のアレコレ