株式会社ヤジマオート Posts

究極の低燃費車といえばEV、電気自動車ですが、確かにエンジンが付いておらずガソリンの消費が「0」ですので当たり前といってしまえば当たり前です。
しかしこれはコストという面で考えるとEVが必ずしもナンバーワンではないのです。
今までコストが一番優れているといわれていたのはディーゼルエンジンの車、車両価格も高いわけではないですし、ガソリンの約半分の燃料費で燃費もそこそこ良いので車を動かすコストとしては一番安いものでした。
ではEVはどうでしょう。
燃料は全く使わないのですがその代わり外部からの充電が必要です。
外部からの充電はほとんどのEVが家庭用電源から行うようになっているのでそこから行うのですが、公共料金の中で一番高いのが電気代などといわれるように電気は非常に高いのです。
例えば、同じボディで方や軽自動車、方やEVの「i」と「i-MiEV」で見てみましょう。 Read More 究極の低燃費車EVのコスト

紹介

巷である一部の方たちから人気のあるVIPカー、VIPカーといっても本当のVIPカーではなく、ドレスアップの一つの方向性を表しています。
本物のVIPカーというのは、それこそ本当のVIP、大企業の社長や重役、国会議員やその世界で優れた人材を乗せるための車で、運転することよりもリヤシートに座って移動をするための車というものです。
前までは日産のプレジデントやトヨタのセンチュリーなどといった大型4ドアセダンモデルをつったいたのですが、ここ最近はミニバンをVIPカーとして使うことが多くなりました。 Read More 高級セダンとVIPカー

紹介

プリウスが大人気になりハイブリッドモデルが商売なると思ったホンダが急いで作ったハイブリッドシステムがIMAというものでした。
しかし、エンジン走行をメインとする制御方法をとっていたために燃費もプリウスの搭載していたTHS-IIとは比べ物にならないくらい低いもので、あまりメリットはありませんでした。 Read More ホンダのハイブリッドシステムIMA

紹介

外車の中でも人気の高いフランス車ですが、その中でも特に人気のブランドがあります。プジョー、ルノー、シトロエンです。
プジョーの一番人気はRCZという車種です。丸くてコンパクトな可愛い形の車体で、シートがスポーツタイプになっています。定員は4人と少ないですが、シートが倒せるので中は広々しています。価格は、新車で500万円以内です。中古車なら、200万円台でも買えます。
ルノーでは、ルーテシアという車種が一番人気です。ドアミラーが大きいのが特徴です。何度もマイナーチェンジが繰り返されていて、性能がいいらしいです。外車としては買いやすい値段で、新車でも200万円台、中古なら100万円台で買えます。ルノーは、ルーテシア以外にもカングーやカングービポップなど個性的な車が多い気がします。 Read More プジョー、ルノー、シトロエンなどフランス車の特長

紹介

国土面積が狭く、道路もあまり広くない日本においてあまり使われていない運送方法というのがトレーラーによるものです。使われていることは使われているのですが、車体自体がかなり大きくて、長いために走ることができる道路に制限があり、ほとんど場合は幹線道路に面した中継地点を結ぶだけにしか使われていないのです。アメリカのように町の中心部までトレーラーで走ってきてそこで荷物を下ろすということができればもっと物流もスピーディーになると思われます。このトレーラー、一時期は日本でも非常に注目を浴びた時代がありました。
それは1978年にアメリカ映画「コンボイ」が公開されたときでした。 Read More トレーラーヘッドがなくては動きません

紹介

車はステアリングホイールを回転させることによって前輪の向きを変え、それによって方向転換する構造となっています。
基本的にはステアリングホイールのシャフトにつけられているピニオンギヤとアクスル部分につけられている平らなラックギヤのかみ合わせによって回転を左右方向に変換しているのですが、前輪には車重の約半分の重さが常にかかっておりそれを左右に動かすのは大変が力がいります。
全く走っていない状態でのステアリング操作、いわゆる据え切りの状態では男性でも気合を入れて回さなければならないほどの力がステアリング操作に必要となってくるのです。
これでは運転が大変だという事で自動車メーカーが考えたのがパワーステアリング機構というものです。 Read More ハンドルが重い?パワステフルードの漏れ

業務

自動車界においてここ最近やたらとリコールが多いような気がします。
それは過去に三菱がリコール隠しをしたせいでお国が非常にナーバスになっており、監視の目もかなり厳しくなっていることから今までたいしたことがないものでも今ではリコール騒ぎとなってしまうのです。

一方、リコールと同じ様なものがもう一つあります。
よく聞くのがサービスキャンペーンというものでこれもリコールと同じように該当車両における欠陥を無償で修理しますというものなのですが、リコールとこのサービスキャンペーンはどう違うのでしょうか。
例を挙げてみると良くわかるのですが、例えば三菱のランサーエボリューションXにおいて、過去にこんなリコールがありました。

「TC-SST車でリバースにシフトしてもなかなか入らず、その状態でアクセルと踏んでしまうと飛び出す可能性がある」
この場合は、SSTを制御するECUのデータの書き換えを行って、リバースに入らない時はインジケーターと音で知らせるという事になりました。
それからもう1つ、「ボンネットフードを上げるレバーにつながるワイヤーに水が入って動きづらくなる」
これはサービスキャンペーンという事でワイヤーを対策品に交換することになりました。
さてどこに違いがあるでしょう・・・。 Read More リコールとサービスキャンペーン

業務

販売台数世界一になったトヨタですが、世界中にいろいろなブランドを立ち上げて幅広い顧客層に対応できるようにしています。
そのブランドの1つとして一番有名なのがレクサスです。 Read More トヨタとレクサスの勘違い

紹介

軽自動車は日本独自の自動車形態として発展してきたもので、軽自動車に限っては輸入車の存在がほとんどありません。
それは世界的に見てもあまりにも小さすぎるという事で日本向けだけに作るようなことをどこの自動車メーカーもしないからです。

しかし大規模な量産自動車メーカーではなく、ケータハムの様な小規模で工房の様な自動車メーカーでは作られています。
ケータハムはロータスから「セブン」の生産権を受け継いだことで有名ですが、実はそれと似たようなスタイルを持つクラシカルな軽自動車を生産しているのです。
ボディ寸法は日本の軽自動車規格に合わせて全幅を狭くし、エンジンはスズキの名機といわれるK6Aのターボエンジンを搭載しています。 Read More ケータハムなら最速軽自動車に乗れる

紹介

日本の保安基準というのは世界的に見ても非常に厳しいもので、改造自由のアメリカと比べると月とすっぽんです。
アメリカは車を自由に改造することができ、最低限の保安基準さえ守れば素人が車を作るということも可能です。
対して、日本では車検証に記載された全長・全幅・全高の寸法と比べて1センチでも大きくなったり小さくなったりしただけで、その車は整備不良車として扱われます。 Read More 海外仕様車を手に入れるには

業務