もしプリウスが発売されていなかったら自動車界はどうなっていた?

現在のエコカー中で中心的なモデルとなっているハイブリッドカー、エンジンの他に電気モーターでも走れるようになっている車のことですが、このハイブリッドカーの始まりはトヨタのプリウスであって、これが作られたことによって日本でハイブリッドカーが普及したわけです。
もしこのプリウスが発売されていなかったら自動車界はどうなっていたのかということを考えるとちょっと面白いです。
まず車に売れ行き状況ですが、ハイブリッドカーの販売台数がコンパクトカーや軽自動車に分配されることになり、軽自動車メーカーがより一層大儲けすることができたでしょう。
それからエコカー減税やエコカー補助金などは作られなかったでしょう。
そもそもこのエコカー減税やエコカー補助金は、どういった理由があってそうなったのかはここでは伏せておきますが、3代目プリウスが発売されるのに合わせて作られたようなもので、国がこの3代目プリウスがたくさん売れるように後押しのために用意されたものです。
ですからプリウスがなければ減税策や補助金などが無くなり、国庫がもっと潤っていたはずです。
それから、今のように燃費重視の車作りにはならなかったでしょう。
燃費がいいと言うことは消費者にしてみればガソリン代をケチることができるので、誰でも大歓迎です。
しかし、プリウスがなくハイブリッドカーの開発もトヨタ以外の自動車メーカーでも行わない状態であれば、30km/Lや40km/Lなど夢のまた夢であって、むしろ求める方がおかしいという形になるために、自動車メーカーも燃費向上に関わる技術開発にも適度に力を入れる程度で他の部分、例えば動力性能や走行性能などの力を入れることができたのではないかと思われます。
突き詰めるとプリウスの存在は国産自動車の発展をとめ、国庫を減らし、更にけち臭い人間を増やし、そしてトヨタの莫大な利益をもたらすだけのものといえるのではないでしょうか。